賃貸借契約時の基礎知識 

不動産用語解説(賃貸)
敷   金 退去の際にお部屋の原状回復費等の精算用として、借主が家主に預けるお金のこと。敷金を預けているからといって、その分家賃を滞納して良いわけではありません。
仲介手数料 物件を仲介した不動産会社へ賃貸契約が成立した時に支払うお金のこと。法律で、家賃の1か月分が上限と定められています。
前 家 賃 基本的に前月までに当月分を支払う前家賃制となっています。
契約時に、その月の日割り家賃と翌月分の家賃が必要になります。
火災保険 契約時に、当社指定の火災保険に加入していただきます。
入居期間中は更新することになっています。
連帯保証人 借主と連帯して債務を負担する人のこと。基本的に家族や親族を立てます。
共 益 費 共用部分の清掃、電気代、水道代、設備補修等を各戸の入居者が負担するもの。家賃と一緒に支払います。
物件によっては家賃に含まれていることもあります。
更 新 料 契約期間(2年)ごとに行われる契約更新時に支払うお金のこと。

ご契約に必要な書類一覧
住 民 票 入居者全員の住民票。住民登録をしてある市区町村役場で交付してもらえます。
印   鑑 契約書の捺印用に必要なので準備しておいて下さい。
印鑑証明書 契約書に押す印鑑が市区町村役場に登録されている印鑑(実印)であることを証明する書類。保証人に用意してもらいます。
契 約 書 当社の専用契約書を使用します。
決 済 金 契約に必要な金額のことです。
敷金、日割り家賃、前家賃、町費、共益費、火災保険料、消毒代等。
(物件によって異なります)


ご契約〜お引越しまでの流れ
プリントアウトしてご活用下さい。 ※マンションによって異なる項目もあります。確認の上、ご使用下さい。
1ヶ月前
不動産へ連絡 引越しする1ヶ月前には不動産又は管理会社へ連絡する
※1ヶ月前ではない場合もあるので必ず契約書を確認して下さい。
1週間前
1.住民票移動届、転出届 市町村役場にある移動届及び転出証明書に記入し窓口へ
※印鑑が必要です
2.金融機関等への届出 保険会社は電話でOK。銀行は窓口で手続き ※印鑑が必要です
3.電話の移転届 NTT 116番へ電話
4日前
1.郵便物の転送 現管轄の郵便局の転居用紙に必要事項を記入し窓口へ
※印鑑が必要です
2.ガス、電気、水道の連絡 引越し日を連絡し、精算方法を確認する
※マンションによって異なります
3.新聞の精算 配達人及び配達所に引越し日を連絡する
当 日
1.ガス、電気、水道の精算 精算後、領収証をもらう
2.鍵の返却 不動産又は管理会社へ鍵を返却する
※ガス、電気、水道の精算した領収証が必要
お引越し後
1.住民票転入届 市町村役場(14日以内)に転出証明を届ける
※印鑑が必要です
2.運転免許証の住所変更 新住民票、写真、免許証を持って、最寄の警察署へ
3.転居の挨拶、連絡等 .

戻る

 
Copyrightc 2001-2007 ARK planning All Rights Reserved